植物 コーヒー 花雑貨に囲まれた

フローリストアトリエ&カフェ

 

 

私たちは 地域 そして 人と関わりながら

カフェと植物 花の「あり方」を伝えてゆくために 

2009 東京板橋 常盤台にアトリエ兼カフェをスタートいたしました。

 

 

毎月第1日曜日に行う「greenCLEAN活動」

地域の子どもたちと一緒に公園のゴミ拾いを実施しています。

活動の後にみんなで飲むコーヒーは

自然と地域の会話につながっています。

 

 

green morning CAFÉ

毎月1 水曜日だけの朝OPEN DAY

コーヒーからはじまる1日を感じていただきたいという思いからはじまりました。

"おはよう" の挨拶と

"いってらっしゃい" からはじまる朝らしいカフェの風景です。

 

 

「アトリエgreenワークショップ」

日々の暮らしの中で 草花や木々に触れることは

自然の偉大さを知ることにつながっています。

私たちが自然と共に生きていることを

ゆっくり感じながら

季節の変化とともに愉しむワークショップを毎月開催しています。

 

 

人が語らい笑いあい 時にはそうでないときも誰かと約束していなくても

この場所に来たら会えた そんな日常のあるカフェでありたいと思っています。

 

そうしてお客様を いつでもいつものように 迎えられる私たちでありたいと心から思うのです。

     

 

その思いは

草花や木々と重なるように感じています。

 


Who we are, what we do

 

Florist Atelier & Café 

Surrounded by greens, coffee and flower based items 

 

Established 2009 in Tokiwadai (Itabashi, Tokyo) is our atelier&café. 

We are hoping to share the message of flowers, greens and café, through communications with our community and people.

 

greenCLEAN

First Sunday of the month

 

We hold park cleaning activities with our neighborhood children.

Talking about local topics over coffee is part of the activity after the cleaning session. 

 

green morning CAFÉ 

Wednesday mornings limited 

(Once a month, 7:00-10:00)

 

We started this morning café to offer the start of your day with a cup of coffee. 

Your morning starts with “Ohayo (good morning)” and “Itterasshai (have a good day)” in a greenCAFÉ style.

 

atelier green workshop

Every month 

 

Feeling and touching grass, flowers and trees in daily life leads to understanding the power and profoundness of nature.

We live with nature. 

Our workshop offers opportunities to feel and enjoy the shift of nature.  

 

 

We hope to be a CAFÉ in your everyday life, for your good and bad days, where people chat and smile, and come across unexpected friends. 


We are always ready to welcome our dear customers!  

Our thoughts are layered with flowers and leaves.

 

green | greenCAFÉ

Noritaka TAGUCHI (owner of greenCAFÉ)

Namie TOYAMA (florist of green) 


Translation by Yukari BAMBA